ebay輸出のBest Offer(価格交渉)の対応方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

ebayのシステム上のBest Offerでのオファーならいいのですが、メッセージで価格交渉してくる人もいますよね。

中には、びっくりするような価格を送ってくる人もいますね。$300の商品に$20とか。

私はそういうのをスルーしてしまっていますが、うまくやれば売れる可能性も秘めてます。

その辺の交渉術というか、そういうものを身につけられたら、この先強いですね。

私の価格交渉への対応で気を付けることは

  • 時間をかけない。
  • 相手の交渉に付き合わない。

この2点です。

いままで、お客さんの交渉に付き合ったりしたのですが、

  • やり取りが多いわりに、ほとんどが成立しない。
  • かける時間のわりにリターンが少ない。(高額商品、利益額の大きいものは別でしょう。)

ことが多かったので、こういうやり方に落ち着きました。

本当はもっといいやり方もあるはずです。

やることは一ただ1つ。

お客さんにいくらなら買うのか決めさせること。

決してこちらから価格の提示はしない。
まとめ買いするからってお客さんもです。
定価を提示しておいて、まずはいくらなら買うのか決めてもらいます。
それを、お店に私があなたの代わりに交渉してあげます。と伝えます。
そして、交渉してみたけど、○○だったら、大丈夫でした。という返信をします。
Best Offerでもしびれを切らしたお客さんから、
いくらならいいのか聞かれても、
基本は答えません。

いくらなら買うのか提示してこないお客さんには付き合わないことで、時間の節約になりました。

だいたい、価格交渉してくる人って、
買った後も面倒な人が多いです。クレームも立派にしてきます。

もし、時間ばかり取られて、交渉決裂ばかりしているなら、使ってみてください。

定価で喜んで買ってくれる人を相手にしたほうがいいですよ。

リピーターとして戦略がある場合ももちろん交渉に付き合うのもいいでしょう。

評価がまだなく、どうしても売りたい、評価が欲しいときは仕方がないので、
向こうのわがままも聞いてもいいと思います。
ただ、慣れたらやめたほうがいいです。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ 
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)