ebay2016年秋のセラーアップデートでUPCにAmazonのASINも可能に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

詳しくは、ebayjapanの公式ページを見て下さね。

https://www.ebay.co.jp/news/seller-update/sr162/

今回、気になったのは、2点。

BelowStandardになっても、3か月の猶予

業績改善のための対応に集中していただくために、業績に連動したセラーのアカウントに対する販売制限措置を3か月間保留します。

BelowStandardになっても、いきなり販売額を下げられたりしなくなり、3か月の猶予がもらえるようになるそうです。これは朗報。

まあ、Amazonに押されているのに、セラーにそんなに厳しい措置をしていたら、セラーもはなれますしね。

ebayのUPCが今度こそ、必須になるようですね。

2017年の2月から、ebayのUPCが今度こそ、必須になるようですね。

今までは、Does Not ApplyとかNAでもすり抜けられていたものが不可になります。

JANコードのほかに、

  • Amazon製品コードおよびAmazon標準商品管理番号(ASIN)
  • Google製品コード(CID)
  • 出品者製品コード(出品者の発行する独自の製品コード)
  • eBay製品商品コード(ePID)

おっとebay大丈夫か??

ライバルの管理番号でOKって。。。

ASINでいいの?って、UPCにAmazon ASIN入れるなんて馬鹿なことはしないでくださいね。

バイヤーはASINで検索しませんから。。。

ライバルに見つけてくださいって宣言しているようなものです。

この辺をツールで抜いてくる人が出てくるでしょう。

ますますAmazon以外の仕入れ先とライバルに勝てる仕入れ価格を実現できるセラーしか生き残れなくなりますね~

大量出品の人たちのツールも少し変化しそうですが、そもそも、出品にお金のかかるebayは大量出品に向いてないと思ってるので、どうなるでしょうかね?

私は以前、FileExcahgeでAmazon仕入れの商品を大量出品するエクセルファイルを作ったのですが、使っていないんです。大量出品すると管理が大変ですし、私のライフスタイルには合わないなあと。

FBAに入庫した商品もぼちぼち売れていて、AmazonのFBAの楽さを今大実感しています~勝手に発送されていく~

FBAも増やしていこうと思います。

Amazonがもし、国際発送に対応するようになったとしたら、、転売は終わりですね。(いつかなるのではないかと勝手に思ってます。)

そうなったら、Amazon以外のプラットフォームはどうなるのでしょうか?

いろんなリスクを分散させておいたほうがいいですね。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ 
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)