ebay輸出 新規バイヤーの住所を必ず確認しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

新規バイヤーに落札された場合のあて先不明の返送率がかなり高くなっています。返品リクエストも多い気がしますので、送る前に、住所チェック、発送前の商品についてのチェックなどしたほうがいいと思います。

新規バイヤーの住所不備が多いので、住所に間違いないか確認の上、返信くださいと送るといい思います。

この方法だと、時間もかかるので、最低限、自分でチェックしてみましょう。

Street No(番地)が書いてあるかチェックします。

日本と同じで一番重要なのが、番地と部屋番号とZIP(郵便番号)と名前です。

google mapで検索してみましょう。

一軒家なら部屋番号はいりませんが、アパートなのに部屋番号がない時などは、必ずバイヤーに住所を確認しましょう。

バイヤーの家が見れて結構、面白いです。

商品説明を読んでいない新規バイヤーも多いので、注意です。

つい最近、商品説明を読んでいない新規バイヤーからの返品がありました。

返品可にしてるので、受け入れざるを得ません。。。再販が難しい商品だったので、痛いですが、事故として諦めます。(トータルでプラスになればいいです。)

返品可にしていようが、していまいが、返品リクエストは来ますし、来ても1000件に数件ですので、返品不可は検索順位が下がるので、お勧めしません。(それ以外で勝負できるのなら別ですが。)

高額商品は、確認を入れたほうがいいと思います。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ 
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)