ドイツ宛の国際郵便の送り方 返送を減らし、税関をなるべく早く通過させる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

返送が多い、税関で止まることで有名なドイツ。

返送を減らし、税関をなるべく早く通過させるために最低限できる方法。

Invoiceを書留ありの郵便にはすべてつける。

epacket でもEMSでもInvoiceを必ずつける。最低でも1枚、できれば2枚と、荷物の中にも1枚あったほうがいい。(税関を通過するたびにinvoiceを抜かれる可能性がある。)

価格(Value)もユーロの方が、気持ち早く処理されるのではないかと勝手に思っています。

書留なしなら、なくなっても保険はないので、商品のValueは$20以下にする。到着スピードは速い。Invoiceはつけなくてもよい気もするが、心配な方はつけましょう。

ドイツ宛に限らず、書留なしの航空便が、1番早く着く気がします。

以前、ドイツに住んでいて、当時、アパートの一階の入り口横に住んでいたのですが、アパートに届く郵便物で、不在の場合はもれなくうちに配達されていました。住人のうちの一人には、うちに居たのに、ベルを鳴らしもしないのを、上から見ていたと言っていました。

取りに来ない人もいて(たぶんうちに預けられてることを知らない。)、こうやって荷物が行方不明になるのだなと体験しました(笑)

比較的、優等生なほうのドイツもいい加減なんです。日本のサービスは世界一です。

ラテンの国は問題外なのがわかりますでしょう。

梱包を再生不可能な感じにして、開けられないようにする。

以前中国から買った時、段ボールが完全にオレンジのテープでぐるぐる巻きにされていて、開け口も見つからず、開けるのに苦労したのを覚えています。

このくらいの梱包をすれば、開けられないのではないかと思います。

Giftにチェックするか?

以前、イタリアのバイヤーにGiftにするなと言われたことがあります。

イタリアは、財政難なので、取れる税金は気合をいれて徴収します。

Giftだろうが、何だろうが、価値のあるものには、課税されるので、あまり効果がないばかりか、逆に目をつけられたりするみたいです。

私は、身の回りの品で送ってました。Giftも要求があればしています。

Giftかどうかより、価格が重要です。

イタリアもInvoiceをユーロでつけることをお勧めします。

☆なるべく関税がかからないようにする裏技もありますが、ブログでは公開できないので、直接会った際には教えますので知りたい方は、聞いてください。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ 
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)