国際郵便の種類と選び方ebayとAmazon輸出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

ebayとAmazon輸出に使える国際郵便の主な種類

小型包装物SAL書留なし
小型包装物Air(航空便)書留なし
小型包装物SAL書留付き
epacket書留付き
EMS書留付き

ほかにもありますが、今回は省略します。

この中で、私が一番使っている発送方法は小型包装物SAL書留付きです。

アメリカなら、2週間くらいで到着します。遅いと、1か月以上かかるのが、難点ですが、書留がついているので、きちんとコミュニケーションすれば、お客さんは文句を言わずに待ってくれることが多いです。

以前はebayの発送方法は、

Econoy shippping  小型包装物SAL書留付き
Standard Shipping epacket書留付き
Expedited Shipping EMS書留付き

と3つ設定していたのですが、Standardを選ぶ人は、かなり少ないので、価格設定は小型包装物SAL書留付きとEMSのみになりました。(本当は、3つ設定したほうがいいと思います。)

epacketでも利益が出るものや、少し高額な商品は勝手にepacketにアップグレードして送っています。

ここで迷ってしまうのが、書留をつけるかどうかですね。

配達スピード 早い順(多少の前後はあります)

EMS小型包装物Air(航空便)書留なしepacket小型包装物SAL書留付き小型包装物SAL書留なし

値段 高い順

EMSepacket小型包装物SAL書留付き小型包装物Air(航空便)書留なし小型包装物SAL書留なし

ここで採用してもいいかなと思える、発送方法は、小型包装物Air(航空便)書留なし

スピードがEMS並みに早いのに、送料が安いところ。小型包装物SAL書留なしは値段相応。

発送に書留をつけないセラーがいると、低価格の商品は、価格競争で勝てないので売れにくいということも出てきます。

AmazonはTracking number (書留)が必須となっていますし、ebayもTop Rated Sellerをキープするには、Tracking number (書留)が必須になっています。

個人的には、ebayでは、20~30$くらいのものには、Tracking number (書留)をつけなくてもいいのではないかと思っています。Top Rated Sellerを維持したい人はだめです。きちんと対応すれば、サスペンドになることはありません。(対応を間違えると、サスペンドされます。)

amazonはTracking number (書留)がないとサスペンドになるかもしれないので、やめたほうがいいかもしれません。amazonは書留つけて送っています

SAL書留の値段と、小型包装物Air(航空便)書留なしでは小型包装物Air(航空便)書留なしが数百円安くなってます。が、スピードが全然違います。SALで送ると、最低2週間ですが、小型包装物Air(航空便)書留なしだと、2週間以内に届く印象です、早いときは、EMS並みに早く届きます。思ったより早く到着するので、バイヤーが今、荷物どこにあるのだろうとか不安になる時間もないみたいですね。

もし行方不明になった場合、書留なしなら、バイヤーにはすぐ返金します。(待ってくれそうな人には、最低1か月はまってもらって、それ以上なら、期限を決めて、それまでに届かなければ、返金しますとお伝えします。)

書留ありの場合、郵便局に調査請求書を出して、現在は2か月たっても、回答が一向に帰ってきませんし、そんなに時間がたつと、請求したことも忘れます。。。無事保証されることになったとしても、また保険申請の手続きが必要になります。

それに時間を取られることを考えると、安い商品は、さくっとバイヤーに返金して、自分も次にすぐ行ったほうが、時間と費用対効果が高い気がします。書留料金410円ですからね。SAL書留なしで、1か月100個送ったら、それだけで、4万節約になります。

小型包装物Air(航空便)書留なしなら2万くらいの節約です。これより、未着での返金金額が少ないければいいわけです。

ただ、小型包装物SAL書留なしだと、到着までが遅く、お客さんも心配になるし、未着の対応に時間を取られるので、あまりおすすめしません。顧客目線を大事にしましょう。

未着などのクレーム処理は、かなりの時間がとられます。

新規セラーは必ず書留ありの方法で発送することをお勧めします。

慣れてきたら、書留なしも考慮しましょう。

注意

なくなる可能性が高いといわれている、スペイン、イタリア、中南米などラテンの国に書留なしで送るのはやめましょう。

書留なしで送れるのは、アメリカ、イギリス、オーストラリア、そのほかのヨーロッパのみです。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ 
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)