料金後納郵便物等の他局差出制度 ebayとamazon輸出 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 6

これ、意外とというか、郵便局員も知らなかったことです。
(海外発送に関しては、自分のほうが、局員より詳しいのは普通)

料金後納契約を結ぶと、契約の際に指定した郵便局からしか、発送できません。

が、実は、ほかの郵便局からも出せるようにすることができるんです。
それが、後納郵便物等の他局差出制度というものです。

私は、外注さんにも発送をしてもらってるので、外注さんにも料金後納契約を結んでもらわないといけないものと思っていました。
(少なくとも、私は後納契約の際、局員に言われました。)

発送は、外注さん2人とたまに私の計3人でやっています。

これを、外注さんが後納契約を結ぶことなく、すべて私に請求が来るように契約を結ぶことができるのです。
こうすれば、個数の割引を受ける際も1ヶ所でまとめることができます。

その際は、外注さんとの業務委託契約書が必要になってきますので、必ずサインしてもらうようにして下さい。


ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。
にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ 
スポンサーリンク
レクタングル (大)
レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル (大)